ようやく通塾先が決定!

塾選び

「SAPIX」「早稲田アカデミー」「四谷大塚」「日能研」のいわゆる四大塾をはじめ、中小の塾や個別指導まで、通塾圏内に塾が乱立?しているわが家。

選び放題で贅沢な悩みだとお叱りを受けそうですが、選択肢が多すぎると選べないというジャムの法則状態で、なかなか通塾先を決められずにおりました。

この度、ようやく通塾先を決めたので、数年後の答え合わせのために、塾選びについて考えたことをまとめておきたいと思います。

通塾先を決めるにあたっては、「塾のスタイル」「本人のキャラクター」「親のスタンス」のマッチングが大切なのではないか、と考えています。

円形脱毛症やチック症になるお子さんもいるのが中学受験。過去の受験指導の経験でも、「親の希望と塾のスタイルはマッチしているが、本人の適性にフィットせず、みんなが苦しんでいるケース」とか、「ご家庭の方針と塾のスタイルが合っていないため、転塾を勧めたケース」など、うーんと思うケースをたくさん見てきました。

幸いにも通塾先を選べる環境にあるので、本人のキャラと親のスタンスにマッチする塾はどこだろうと、遅まきながら小3の秋から塾選びを始めました。

本人のキャラクター
  • 中学受験すると決めたわけではない
  • 小3冬まで通塾も家庭での先取り学習もしていない
  • 粘り強く考えることはできるが、処理能力は高くない
  • 「とりあえずやってみる」というよりは「じっくり理解したい」
  • 「ひらめき」よりも「積み重ね」
  • 自ら積極的に発言や質問をするタイプではない
  • 同年齢に比して、精神的にやや幼いところがある
  • 自己評価・自己肯定感があまり高くないので、牛後より鶏口か
親のスタンス
  • 最上位校、最難関校に行けるとは思っていない
    (行かせたい学校でなければ、公立中進学も視野に)
  • 両親ともフルタイム稼働で、サポートに限界がある
  • 中学受験にすべてを捧げるまでの覚悟はない

四大塾とわが家とのマッチング

SAPIXとのマッチング

  • 進度が早く、宿題量も多いため、高い処理能力が求められる。
     ⇒ 処理能力が高くない娘には向いていない
  • 面倒見はそれなり・ドライな雰囲気
     ⇒ 気にかけてほしい娘には、ちょっとさみしい?
  • 親の関与度が高い(教材管理・学習内容・宿題)。
     ⇒ 共働きなので、ガッツリお世話をするのは困難
  • 御三家・最難関校に照準を合わせた内容。
     ⇒ わが家にはオーバースペック

娘の適性にも、親の方針にも合わないので、通塾の候補からは除外しました。
とはいえ、上位層のデータと特別講習は魅力なので、各種テストやSSなどの活用は今後検討していきたいと思います。

位置を確認するために1月の入室テスト(組分けと同日実施)を受けてみました(偏差値・コースなど結果はコチラ)。

四谷大塚とのマッチング

  • 数駅だが電車に乗っての通塾
     ⇒ (娘)電車通塾に若干のあこがれ
     ⇒ (親)4年生のうちから、電車での通塾はさせたくない

予習シリーズはよいテキストですし、ある程度バランスの取れた良い塾だと思いますが、3年間電車で通い続ける時間的・体力的負担を上回るメリットを感じられませんでした。徒歩圏なら当然候補に入っていましたが、自習用教材としての予習シリーズや合不合の利用を考えています。

早稲田アカデミーとのマッチング

  • 宿題は多いが面倒見がよい
     ⇒ 親の関与はSAPIXより軽い
  • 熱量高め
     ⇒ 娘の性格に合うか少し心配
  • 予習シリーズ+オリジナルテキスト利用
     ⇒ 予習シリーズ利用だが、授業は復習型
  • 反復重視

週末のテストを外部に受けに行くのは少し面倒でしたが、演習量が多いことも含め、体育会系の父としては「早稲アカでガンガン鍛えてもらえ!」という気持ちで、娘に冬期講習を受講させてみました。

娘が受けた校舎・クラスがたまたまそうだったのだと思いますが、子供たちがワイワイ自由に発言するスタイルだったようで、その元気さに圧倒されてしまった娘は、借りてきた猫、完全なお客さん状態で終わってまったようです。

そんな根性の無いことで!とも思いましたが、娘には合わなかったようで、上のクラスでスタートとのご連絡をいただきましたが通塾には至らず。今後は、SAPIXと同様、各種テストやNNの活用を検討したいと思います。

日能研とのマッチング

  • 宿題はSAPIX・早稲田アカデミーほど多くない
     ⇒ 関東系なのである程度チェックあり
     ⇒ 高学年になってからの演習量は少し不安
  • 「習うより慣れろ」ではなく「じっくり考える」
     ⇒ スピードはこれからの娘には合っている
  • 成績順の座席
     ⇒ 娘の性格的に抵抗がないか?

自分の受験経験と講師経験からすると、ちょっとユルい気がして二の足を踏んでおりましたが、冬期講習を受講させてみたところ、「落ち着いて丁寧に勉強できた」「挙手してあててくれるほうが発言しやすい」と、娘には高評価。

挙句の果てには、TMクラスの基準を超えていたことを知るや「電車に乗ってTMクラスに行きたい!」とまで言い出す始末。

慌てて「TMクラスの授業は娘には合っていないこと」「まずは学習習慣の確立を優先すべきこと」など説明し、何とか納得してもらい、徒歩で行ける校舎にお世話になることにしました。

いよいよ、2月から通塾開始です。

3年後にこの選択が間違っていなかったと言えるよう、まずは学習サイクルを確立することを主眼に、少しずつ前進していきたいと思います。

2024年2月1日まで、あと1100日。

タイトルとURLをコピーしました