『特別学習支援制度』資格取得のお知らせ

テスト・模試

おはようございます、元塾講師パパです。

7月5日に受験した「第10回 未来をつくる学びテスト(朝日新聞社主催・日能研協力)」の事務局から、『特別学習支援制度』資格取得のお知らせが届きました。

この制度は、今年の9月から来年の夏期講習までの1年間、入会金・授業料・テスト代・各種講習費用を朝日新聞社「未来をつくる学びテスト」事務局の負担で、日能研に通えるというものです。

家庭の負担は、1年間の教材費等(3万円ちょっと)と、科学者講座などの選択制の特別講座を受講した場合にはその授業料の実費のみとなります。

3年生の授業料5か月分と冬期講習、4年生の授業料6か月分と春期講習・夏期講習などを合わせると、約30万円ほど費用が掛かりますので、日能研に通塾を検討されている方にとっては魅力的な制度ですね。

他塾を検討されている方にとっては、将来、転塾の可能性もありますので、悩ましいところかもしれません。

ちなみに、これまでの経過は

7月 5日 未来をつくる学びテスト受験
7月 7日 Nポータルで得点速報
7月15日 資格取得のお知らせ(宅急便)

という流れです。

試験結果は先の記事のとおり「うーん。。。」という感じですので、例年より受験者が少なかったか、競合塾の多いエリアの特性か、何かそれなりの理由があるのではないかと思います。

今後、7月20日以降に最寄りの日能研から制度利用についての確認の電話があるとのこと。

さて、どうしましょうか。。。

2024年2月1日まで、あと1296日。

タイトルとURLをコピーしました