学ぶチカラテスト結果(小3・12月)

テスト・模試

こんばんは、元塾講師パパです。

昨日、12月6日(日)に受けた、学ぶチカラテスト(日能研)の結果が早速出ました。

答案を回収してスキャンして、原本を返してくれるこのシステムは、復習に最適。そして、翌日には結果をWEBで確認できるというのも、とてもイイですね。
これだけで日能研に通おうかと思ってしまうくらい素晴らしいと思います。

学ぶチカラテストは、自ら考えそれを表現することを重視するテストのため、なかなか自己採点が難しい上に、翌日に正式な結果が発表されることもあり、丁寧な自己採点はせずに本日を迎えました。

今年の受験者(3科)は、6243人とのこと。学ぶチカラテストの受験者数は、2018年は6472人、2019年は6464人だったようですので、微減ですね。

ちなみに、今年の小3の全国テスト受験者数は、
4875人(全国テスト・6月)
9258人(全国テスト・10月)
でしたので、学ぶチカラテストはその形式や科目などにより、少し敬遠されているのかもしれません。
来月の全国テストの受験者はどのくらいになるのでしょうか。

さて、前置きはこのくらいにして、結果です。

国語:139点(平均 97.3点、212位/6243人中)
算数:132点(平均 96.5点、355位/6243人中)
総合:96点(平均 73.0点、179位/6243人中)

2科:271点(平均 193.9点、131位/6243人中)
3科:367点(平均 266.9点、75位/6243人中)

本人なりに、とてもよく頑張ったと思います。
答案も、一生懸命考えて、何か表現しよう、伝えよう、という努力の跡が見られる答案でした。惜しむらくは、もう少し字を丁寧に書けていれば、無駄な減点を避けられたろうにという感じです。

娘が今年受けた日能研のテストの結果を振り返ると、このような感じです。
(日能研のテストは偏差値が出ないので、全体における位置を割合で表記)

 6月
 全国テスト
 10月
 全国テスト
 12月
 学ぶチカラテスト
国語3.4%
164位/4875人中
3.3%
310位/9258人中
3.4%
212位/6243人中
算数53.5%
2608位/4875人中
34.2%
3167位/9258人中
5.7%
355位/6243人中
2科23.7%
1155位/4875人中
15.9%
1473位/9258人中
2.1%
131位/6243人中

母集団が異なりますので単純には比較できませんが、6月に把握した算数の課題への対応が、少しずつ実を結んでいるのかもしれません。

11月の全国統一小学生テストでも、算数の改善が見られましたので良い傾向だと信じたいものです。

果たして、1月の全国テストの結果はどうなりますか。
その前に、初めての塾通い=冬期講習が待っています。
こちらもワクワク・ドキドキです。

2024年2月1日まで、あと1151日。

タイトルとURLをコピーしました