全国統一小学生テスト(小3・6月)自己採点と過去の平均点

テスト・模試

こんにちは、元塾講師パパです。

本日は、四谷大塚の全国統一小学生テストを受けてきました。
日能研の全国テストに続き、2回目のテストです。
最寄り駅に四谷大塚の校舎がないため、早稲田アカデミーの校舎での受験です。

感染症対策のため、娘だけ校舎に入ります。
保護者向けのセミナーと開設授業は、いずれもオンラインでの動画配信となりました。

対策授業もあったようですが、先にメールで案内された全統小の対策教材だけ解いて当日に臨みました。

終了後、早速自己採点。
マークが不明なところも少しありましたが、算数が99点、国語が133点、2科計232点のようです。

60%(90点)くらいが平均点になるように作問されているとのこと。
実際、2014年から2019年までの全統小(小3・6月)の平均点を見てみると

2014年6月2015年6月2016年6月2017年6月2018年6月2019年6月
算数95.688.184.882.487.968.6
国語82.983.273.576.582.373.5
2科178.5171.4158.3159.0170.2142.2

という推移のようです。

例年並みなら、国語は頑張った(SS 60~65)、算数は普通(SS 50~55)というところでしょうか。

速報データは7月3日に提供、成績表は7月9日より順次発送されるようですので、まずは記憶のフレッシュなうちに解き直しをしたいと思います。

2024年2月1日まで、あと1313日。

コメント

  1. […] 年では一番簡単だったので、ウチの娘のように国語で稼ぎたい子どもたちにとっては、成績が取りずらい部分もあったかもしれませんね。(全統小の2014~2019の平均点はコチラの記事へ) […]

タイトルとURLをコピーしました