全国統一小学生テスト(小3・11月)自己採点と過去の平均点

テスト・模試

こんにちは、元塾講師パパです。

本日は、四谷大塚の全国統一小学生テストを受けてきました。
全統小は6月続き、2回目の受験です。
6月は早稲田アカデミーで受けましたが、答案の返却に少し時間がかかったこともあり、今回は四谷大塚の直営校舎で受験しました。

前回(6月)は算数が少々残念な結果でしたので、娘の希望を受けて、WEBの過去問チャレンジで公開されていた過去問をいくつか解いて、当日を迎えました。

終了後、さっそく自己採点をしながら解き直し。
若干マークが不安なところもありましたが、算数が120点、国語が124点、2科計244点のようです。

四谷の全統小のWEBによると、2・3年生は60%(90点)が平均点となるよう試験問題を作成しているとのことです。

2014年から2019年までの全統小(小3・11月)の平均点を見てみると

2014年11月2015年11月2016年11月2017年11月2018年11月2019年11月
算数89.977.374.281.078.871.2
国語92.892.084.896.471.794.6
2科182.8169.3159.1177.4150.6165.9

という推移のようです。

例年並みの難易度であれば、算数・国語とも本人なりに頑張った感じですが、問題が易しかったという声も聞きますのでどうでしょうか。

成績表は来週半ばから返却されるようですので、結果を楽しみに待ちたいと思います。

次のテストは12月6日、日能研の「学ぶチカラテスト」。
そのあとはいよいよ初めての通塾、冬期講習です。

2024年2月1日まで、あと1185日。

タイトルとURLをコピーしました